×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

若ハゲ対策、朝シャンは危ない

若ハゲという言葉を聞くとドキッとしますか?実は最近この若ハゲになる人が増えています。ハゲというと中年以降のおじさんという印象ですが、今は10代、20代といった若い世代や女性にもハゲになる人が増加しているのが現状です。
では、何故この若ハゲになる人が増えたのでしょうか。その原因のひとつは「朝シャン」が挙げられます。今の若い人はお洒落になって、朝起きてすぐにシャンプーで髪を洗ってから出かけることが多くなっています。この、朝シャンが実は若ハゲの原因となっているのです。若ハゲ対策として正しいシャンプーの仕方は、夜寝る前にシャンプーをする事。ゆっくりと時間をかけて十分すすぎをし、しっかりと乾かすことが大切です。
若ハゲ対策の重要ポイントにシャンプーの選び方があります。現在市販されているシャンプーのかなりの製品に、石油から合成された界面活性剤が使われているのです。この界面活性剤は髪にとっては良くないものなので、若ハゲ対策をするなら弱酸性やアミノ酸系、又は植物性などの天然素材を使ったのシャンプーを選ぶといいでしょう。
とにかく、若ハゲ対策は日頃の洗髪がとても重要な役割を果たします。まずは髪に優しいシャンプーを選び、時間のない朝に洗髪をすることは極力避けること。洗髪する際には、強く髪をこすらないこと。そして、すすぎには十分時間をかけて余分な皮脂や汚れを洗い流しすことです。きちんと洗って若ハゲの対策をしましょう。
 

若ハゲ対策は食生活から

若ハゲ対策として大切なことに、日々の食生活があります。その食生活を見直して見ましょう。
今の若い人は食事の欧米化のが進んだことによって、肉類中心の食生活になっています。若ハゲ対策には、動物性たんぱく質や脂肪の摂り過ぎは禁物です。このような食事は、頭皮の血管が詰まり髪の成長を妨げてしまう危険性があります。改善としては、大豆や卵、魚などの良質なたんぱく質を摂ったり、レバーや牡蠣などのミネラルを多く含む食事を取るようにする事です。この、若ハゲ対策は、成人病の予防にもつながります。メタボリックなどが心配な人も、昔の日本人を習った魚や野菜を中心とした食生活に切り替えることが望ましいです。
又、若い人に人気なのがコンビニなど売られているインスタント食品ですが、添加物が多く含まれています。これらも若ハゲ対策をしたいなら、摂りすぎは注意が必要です。若ハゲ対策に良いとされる食品には、りんご、豆腐、果物、黒ごま、ワカメ、豚肉などが挙げられます。こうした食材を日々の食事の中で積極的に取り入れるよう努力をするべきです。
ただ、栄養バランスの取れた食生活というのは、毎日となると意外と難しいものなので、手っ取り早く若ハゲ対策のために食生活を改善したいなら、栄養士さんや市町村の無料相談窓口などを使ってアドバイスを受けてみることもおすすめです。

スポンサード リンク

若ハゲ対策の秘訣は紫外線

若ハゲ対策として重要なのは、紫外線を予防することです。若ハゲが気になる人は、紫外線を長時間浴びる事はよくありません。紫外線を長時間浴び続けると、頭皮を守る役割をするキューティクルがはがれたり、頭皮の温度を下げてしまうので、髪が生えづらい状態になってしまいます。この事で、若ハゲが更に進行してしまう恐れがあります。
朝シャンをして、髪が完全に乾いていない状態のまま外出をすると、紫外線の影響をもろに受けてしまいます。若ハゲ対策としては朝シャンは避け、紫外線対策として帽子などを被ったり、日傘をさして外出をすることが必要です。
ただ、この帽子というのも注意が必要です。通気性の悪い帽子を被り続けていると頭皮が蒸れてしまい、若ハゲ対策には逆効果になってしまいます。そのため、若ハゲ対策として帽子を被る際は、通気性の良いつばの広い帽子を被り、日のあたらない場所ではたまに帽子をぬいで頭皮の蒸れを防ぎましょう。
また、若ハゲ対策に有効な日傘も、しっかりとUV加工された日傘を選ぶ必要があります。紫外線というのは冬や曇りの日でも差しているものです。若ハゲ対策を常日頃から怠らないようにしましょう。一度抜けてしまうと大変ですから。

Copyright © 2008 若ハゲ対策のポイントを教えます